筋トレでダイエットをする方法

筋トレでダイエットをする方法

最近はポッチャリさんと言わなければならないそうです。

 

ダイエットの必要な方。

 

太っていると言う言葉は禁句だそうです。

 

痩せている人はそのまま言われているのに、これはこういうタイプの人が増えていると言うことを指しているんでしょうね。

 

ところでダイエットの種類も大分増えていますが、その中で健康的なものが体を動かすものでしょう。

 

無理は禁物ですが、変なサプリを飲んだり体に本来必要なものをカットするようなものに比べればはるかに自然なことです。

 

体を動かすダイエットにもいくつかあります。

 

さて、筋トレでダイエットはどうすれば成功するでしょうか?

 

筋トレダイエット

少し前にテレビコマーシャルでよく流れていたのがありましたね。

 

使用前後の同一人物のポッチャリさんからゴリマッチョや細マッチョに変身した姿をアピールしていたコマーシャル。

 

あれはスポーツジムのコマーシャルですからゴリマッチョになっても構わないのでしょう。

 

別にダイエットと言うい意味合いではなく、ポッチャリ過ぎる人を筋肉体質に切り替えればそれで良い訳ですからね。

 

さて、筋トレでダイエットと言う意味からすると、あーいう状態にはなりたくないと言う人もいることでしょう。

 

ポッチャリさんがスマートになりたいと思っているならそしてその手段として筋トレを選んだとしたら、恐らく目指す先は超細マッチョでしょう。

 

ほんの少しポッチャリさんなら十分筋トレでダイエットは可能です。

 

本格的ポッチャリさんは筋トレに別のダイエット法を導入しながら行わなければならないことになります。

 

ほんの少しポッチャリさんと本格的ポッチャリさんとでは分けて考えましょう。

 

さらには男性と女性人で分けようかとも考えましたが、一応男性ならこのくらい、女性ならこのくらいと言う程度にしておきます。

 

元々ポッチャリさんになった原因も状況もいろいろでしょうから。

 

それに男性に多いポッチャリさんの中には結構重大な病気が潜んでいる場合が多いので、あらかじめ健康診断を受けた上での状態と言うことで進めます。

 

 

ほんの少しポッチャリさんの場合

ポッチャリさんの状態にしても内臓肥満なのか皮下脂肪なのかによってダイエットの仕方も全然違うものになってきます。

 

これは、男性に多い内臓脂肪を落とすには筋トレが使えるかも知れませんが、女性に多い皮下脂肪を落とすのに果たして筋トレは効果があるのか?と言う問題になります。

 

また内臓脂肪にしても一旦ついてしまった脂肪は落とすことができないという説もあり、実際には様々な例があります。

 

一方で中年太りしてしまった人が、体格改善に挑戦して筋トレと有酸素運動を組み合わせることで実際に細マッチョ達成に成功した例を見ている者としては、諦めずに取り組む姿勢が大事かと思います。

 

とにかく有酸素運動が脂肪燃焼効果が高いということは間違いありませんので、まずは歩くことから始めましょう。

 

ウォーキングには効率の良い運動としての一応決まったルールがあります。

 

ただしダイエットと目的となると、やや緩めでかまわないかと思います。

 

内臓脂肪型にも皮下脂肪型の人にも効果があります。

 

20分間続ける云々と言う話は確かに1日に20分程度の運動であれば、継ぎ足し継ぎ足しで構わないので息が上がるまで続ける必要はないのです。

 

それから部分痩せと言うのは不可能なので、全身のどこかが細くなってくるかではなくて全体の様子が変化していくのを確認してください。

 

有酸素運動をせずに筋トレにに励むと、ポッコリお腹のまま筋肉が発達してしまい皮下脂肪と内臓脂肪をともなった筋肉トレーニングを下全体像になります。

 

焦らずに有酸素運動であるウォーキングをメインに筋トレは軽く、負荷のそんなにかからぬように、その代り継続して習慣になるようにしましょう。

 

例えば一日に腕立て伏せ10回づつ、腹筋ただし膝を立てて状態を上げるために必死になることのないようなものを20回づづ程度なら可能でしょう。

 

当たり前のようにこの習慣を毎日繰り返していけば、体質が変わっていくでしょう。

 

 

食事と生活習慣の話

ここからの話のポイントは何故そのような体型になってしまったか、と言うことに関する話です。

 

これは原因を剥離していかなければ、せっかくの有酸素運動も、軽い筋トレも意味なしだからです。

 

有酸素運動が一番効果を発揮するのは遊離脂肪と言う、食事の際に登場するホルモンなどによって蓄積されてしまう前の脂肪を燃焼させる時と言われます。

 

従って、脂肪が定着しやすい体質にしてしまった生活習慣と、中でも食事に関して変更をしてもらわなければならない訳です。

 

生活習慣の改善ができなければ筋トレによる体質改善も恐らく無理でしょう。

 

と言ってもダイエットをしようと言う訳で筋トレをしようとしているのですから、その辺のことは十分ご理解のことと思います。

 

自分の肉体改造という、ちょっと変わったことをするのです。

 

具体的には主に食事ですね。

 

変えなくてはいけない生活習慣もたくさんあるでしょうが、食事の変化による効果は大きいと思います。

 

筋トレでダイエットを試みますので、本来はその人の平均摂取カロリーより上を目指しますが、この場合は例外です。

 

筋トレとは言っても軽く調整していますのでそんなにカロリーを一気に消費しませんので、従来の摂取カロリーより下げます。

 

メニューはタンパク質中心ですからお肉も食べて結構ですが、脂身は外します。

 

そして栄養バランスのとれた食事は、好き嫌いは言ってはダメです。

 

ビタミンもミネラルも万遍なく、そして一日3食は食べます。

 

ダイエットだからこそこういう食事を摂るのです。

 

そして必ず食後2時間以内に先ほどの緩い筋トレを行うこと。

 

 

本格的っポッチャリさんの場合

以上述べた通り、ポッチャリさんのダイエットは筋トレで行おうとするといろいろ難しい問題が出てきます。

 

そうなると、本格的ポッチャリさんの場合はますますいきなり筋トレを入れるのは自殺行為に等しい例も考えられます。

 

生活習慣の変更と食事療法、そして適度な運動、この場合は有酸素運動です。

 

体型がある程度変化するまで筋トレは我慢してください。

 

その時が来れば十分に堪能できますから。

筋トレ器具の通販