モテるにはどの部位を鍛えればいいのか?

モテるにはどの部位を鍛えればいいのか?

実はこの文章を書くにあたってざっとネットを見たところ、「モテる男の筋肉部位ランキング」「女性が注目する男の身体6選」みたいなサイトが結構あり、いかん、これではオリジナルの文章にならないと思い、急遽SNSに投稿して、コメントをもらいました。

 

鍛えられる筋肉部位とは?

ことさら筋トレをしていなくても、人間生きている環境に従って筋肉はついていきます。

 

仕事柄力を使うことが多い人は、何もしなくても見事な筋肉に包まれているし、事務作業がメインの人だって細い人ばかりとは限りません。

 

趣味が山登り、それもクライマーだったりしたら全身バランスよく鍛えているので、意外なほどがっちりしています。

 

実際、ある中央官庁の事務室に用事があって入ったところ、その部局にはたまたまラグビー好きが集まり、課長が自らクールビズの襟を立てラガーマンさながらの容貌を見せていました。

 

男性の身体は頭蓋骨以外はほぼ鍛えられるそうです。

 

耳とか鼻とか妙な疑問は持たないように。

 

さてその筋肉、医学的に、でもできるだけさらりと見直してみましょう。

 

普通筋トレをしようと思う時に考えられる部位はまず上半身から、腕の付け根に三角筋、背中側の肩を覆う僧帽筋、いわゆる胸の最大の筋肉・大胸筋、上腕二頭筋、裏側の上腕三頭筋、腹筋と普通呼ばれる腹直筋…。

 

図解しないと訳がわからないかも知れませんが、さらりと見ようとしただけで、主なものだけでもこんなものではありません。

 

これが背中、腰回り、脚、こうなると筋肉の名前を列挙しても意味がないので、早速リサーチによる生の声の分析に移りましょう。

 

女性が気になる男の筋肉部位

独自のリサーチは頑張ってみましたが、コミュニティがそんなに大きくなかったので、回答は総数で100に足りていません。

 

通常の有効なアンケート総数は2,000の問いかけに対し有効回答数約60%の1,200程度だと言われていますので、公のアンケートとしては成立しません。

 

しかし個人のリサーチ数としては結構多い方で、リサーチ内容を考えれば妙齢の女性たちのストレートな意見ですので傾聴に値するのでは、考えます。

 

因みにネット上のランキングも尊重して比較しながら人気の高い筋肉部位を紹介したいと思います。

 

全体に目立つのはやはり上半身、特に胸、肩、上腕に意見が集中していることと、意外なフェチが結構いらっしゃるということです。

 

これは総数が少ないことが原因でしょうが、こういう人もいると言う意味でご参考にどうぞ。

 

 

大きな背中

男性が鍛えている意味が果たして意味があるのか、と感じる1位の結果でした。

 

一般的に離れた位置から男性を品評する際に重視するのはスタイルそのもので、やっぱりすらりとしつつ頼もしさも同時に感じる程度のたくましさ。

 

たくましさはそんなもので十分なのだそうです。

 

あえて男性の体の部位にこだわるならばたくましさを感じるのは大きくて広い背中かな、と言う答えが一番多かったのです。

 

これはネット上のランキング外でした。

 

 

お尻

女性の丸みの目立つお尻に比べ、男性のキュッと引き締まったお尻は女性から見ると魅力的なのだそうです。

 

リサーチする側としては肩透かしを喰った感じです。

 

そもそもお尻をキュッとさせようとする目的のトレーニングは特別な場合を除いてまずありません。

 

走ったり腕立て伏せをする際の副産物であって、言わば男性の場合、自然にそうなるものなのです。

 

お尻はランキングでも上位でした。

 

 

肩から胸のライン

私の調べた女性の意見では、肩の大きさ、胸筋の豊かさに魅力を感じるというものが比較的多かったです。

 

とは言っても適度に、と言う注釈やキャプテンアメリカみたいのは嫌、と言うことわり付きがほとんどでした。

 

ここらにも細マッチョ流行の影響が見て取れます。

 

それにしても背中やお尻の後、と言うのは男性は何のために筋トレをしていることやら。

 

これにに関しても、ネット上のランキングと大きく異なりました。

 

細マッチョに限られますが、肩、胸筋は私のリサーチではまあまあの位置です。

 

一方ランキングでは10位以下。

 

 

その他

私は今回鍛えられる筋肉部位に限ってリサーチしました。

 

一方ネットのランキングでは女性の好む男性のスタイル的なサイトが多く、また鍛えればモテる部位…のサイトには女性より男性の意見が多分に入っているようなので、比較には限界を感じます。

 

特にランキングサイトには長身であること、細身であること、など鍛えようのない内容が含まれており、以降は独自リサーチによる結果です。

 

腕の筋、これは上腕筋ではなく、肘から手首にかけての、さりげなく目に入る範囲の筋肉、首筋、ここはあまり鍛えない方が好まれています。

 

モテるための鍛えようがないじゃないの、と言う部位があったりなんかして、結構めげました。

 

 

総括

どこを鍛えればモテるのかと言うことの回答は難しいことになりましたが、あえて言えば全身万遍なく体を鍛えて細マッチョを目指し、広めの背中でさりげなくアピールすべしと言うことになるようです。

筋トレ器具の通販