筋トレはどのくらいで効果が出るのか?

筋トレはどのくらいで効果が出るのか?

人それぞれに様々な条件があり、トレーニングもそれによって変わります。

 

もっとも一般的と思えるパターンで考えてみましょう。

 

その前に。

 

特急の場合

筋トレと言っても何はさておき、とにかくある程度の筋肉を一定期間につけなくてはならない人も世の中にはいることでしょう。

 

怪我のリスクは極力減らしてもそれ以外はどうでも良いから何とかしたいんだ!と言う人がいた場合、それだったら、会社を一か月くらい休んでもらって、とにかく頑張ってみましょう。

 

ただしメニューだけはしっかりこだわって作ってくださいね。

 

短期間の過度な身体への負担はトレーニングと呼べるかどうか疑問ですが、とりあえず見てくれだけなら1か月で何とかなるかも知れません。

 

当然個人差は勘定に入れてください。

 

その間特急を目指す人は、食事にも配慮が必要です。

 

タンパク質重視は当然しょうが、カルシュウム、ビタミンBなども摂らないと、筋肉に見合った骨格ができません。

 

ビタミン・ミネラルもしっかり摂らないと短期間とは言え体がもちません。

 

これはあくまでも短期でどうしてもと言う場合です。

 

きついしケガのリスクもある、お勧めはできない方法です。

 

 

通常の場合

筋トレに限らず何事もそうでしょうが、身の丈に合った手段、ボリュームを選ぶべきです。

 

通常とは、ごく一般的な人が習慣的にほぼ毎日こなせるメニューであり。

 

ボリュームであるということです。

 

怪我のリスクを負うことがあってはいけません。

 

さてどの程度のトレーニングなら通常こなせるでしょうか。

 

一般的な人が始めるということになるとまずランニングと歩行の組み合わせ5セット、腕立て伏せ10回から20回程度を3セット、膝立腹筋20回腰上げ背筋10回を3セットやれば十分ではないでしょうか。

 

これを毎日1ラウンドとしても結構こたえてくるかも知れません。

 

とにかくある程度以上のメニュー、ボリュームはこなす必要があります。

 

筋トレですから。

 

そしてどの程度を以て効果が出たと言うのかによりますが、マッチョを目指すならこれは第一段階にすぎません。

 

このメニューを簡単にこなせるようになったら、各メニューの回数を増やしたり種目を増やしたりラウンド数を増やしたり、とメニューはどんどん重厚にしていけます。

 

しかし普通の人なら第一段階のメニューを基本毎日、休日は余裕があれば2,3ラウンド、疲れたり体に不調を感じたらすぐ止めるか休むことを前提に行えば、見た目は明らかに変わるようになるでしょう。

 

見た目の体型が変わった、この時点で筋トレ効果ありとすれば、ここまでに早い人で2か月、遅くとも3か月くらいでしょうか。

 

食事や睡眠も大切なメニューと考えてください。

 

これを疎かにすると、効率は落ちるし怪我の元にもなります。

 

睡眠は本当に大切ですよ。

 

これがなければ筋肉の成長はありません。

 

 

効果の程度

お断りしておきますが、上記の目安は女の子にモテるレベルに設定してあります。

 

ですので、マッチョを目指す人とは区別しました。

 

2〜3か月毎日体に負荷をかけ過ぎずにトレーニングを続けることで、ある程度以前とは異なる体格を得ることができます。

 

どの程度の変化かは人によって違うでしょう。

 

本人は自分の肉体を毎日見ているので気づきにくいかもしれません。

 

自分の身体を見てくれ、と他人に頼むのははばかられることですが、客観的に見てもらうことは重要なことと言えます。

 

 

やせが筋肉質になるか、ぜい肉を取るか

筋トレの目標設定パターンには大雑把ではありますが2種類あると考えられます。

 

普通体型の人が行う筋トレとは別に、です。

 

人によって違うと再三述べてきたのは、このパターンがあるからなのです。

 

1つはやせてガリガリの体型の人が筋トレをして筋肉質の体格を手に入れたい人のパターンと、体を動かすことを忘れてしまいぜい肉だらけになってしまった人のパターンです。

 

本人のやる気の度合いによりますが、前者は比較的早く筋トレ効果を上げることができるのではないかと思います。

 

これは両者のモチベーションの持ち方に差があるからです。

 

筋繊維の数自体に個人差はほとんどありません。

 

やせ型の人は筋繊維があまり発達していなくて細い状態なので、始めの段階でかなりつらいとは思いますが、変化の生じにくい段階を一歩踏み超えると、目に見えて自分の体形が変化していくのでモチベーションを維持しやすいのです。

 

それからやせから筋肉質と言うのは見た目にとてもわかりやすいのです。

 

一方残念なぜい肉に覆われた人の場合、心臓への負担なども気にしつつ行わなければならず、きつめの運動は避けねばなりません。

 

筋トレと言うよりダイエットに近い状況になります。

 

多少の筋トレをしても最初の変化は少しやせたか?程度なので、モチベーションの維持が困難です。

 

本人にどの程度覚悟ができているかによるでしょう。

 

つまり、ポッチャリさんが筋肉質のモテ体型になるには少し余計に時間と本人の根性が要るということで、こちらの成果達成シミュレーションは本人次第とご解釈願います。

筋トレ器具の通販